top of page
  • m-maki4

業務用もあります!ガスのはやい「乾太くん」!!

こんにちは~清水です。先週、梅雨入りしたはずなのに…

今年は、カラ梅雨(・・?連日の真夏日に早くも夏バテ気味な私です。本当の夏がきたらどうなってしまうのでしょうか。

ただ梅雨が、カラ梅雨でも多くの地域で年間100ミリ以上の雨が降る日本。

そんな中、先々週の牧編集長のブログにありましたが、

一年中大活躍してくれる強い味方が、

ガス衣類乾燥機「乾太くん」!

本日は、業務用「乾太くん」の紹介をさせて頂きます。

先週、信澤次長のブログで、デラックスタイプ(9kg)設置工事の

ブログもありました。

引き続き今回は、先月上旬に設置させて頂いた業務用「乾太くん」の

工事写真と共に

紹介したいと思います。

ガス衣類乾燥機「乾太くん」を採用いただいている

渋川市内の老人介護ケアホーム様より

2Fランドリー室の「乾太くん」を増設したいという

ご相談を4月中に受けました。


現在4台の「乾太くん」が、毎日稼働中です。

(内、業務用「乾太くん」は、2017年に

2台設置工事を承っております。)

そして6月上旬に5台目となる「乾太くん」の設置工事させて頂きました。


2020年3月にモデルチェンジされた業務用「乾太くん」は、

(8kgタイプと5㎏タイプ)

2種類あります。今回は、5kgタイプの採用を頂きました。


業務用「乾太くん」も専用台(高・中・低)のラインナップは、

家庭用デラックスタイプや

スタンダードタイプと、兼用です。今回は、先の2台と同じく専用台(低)です。


①まず排湿筒の穴開け工事

設置工事をするうえで一番大変な壁の穴あけ工事。

まず、周りが、ホコリで汚れないように養生をして

下地センサーなどを駆使して壁の中の障害物に当たらないように排湿筒に必要な10cm弱の穴をあけます。


②ガス工事

既存の業務用「乾太くん」の裏面の壁にあるガス栓より

ガス管(フレキ管)を分岐延長工事。

露出配管になってしまうため見た目をよくするモールカバーを取付けました。

③外壁部パイプフードの取付工事


外壁面、窓の下に丸いパイプフードという排湿筒トップを長梯子にて取付けました。


④設置完了

新たに取付けした業務用「乾太くん」を試運転して無事、設置完了となりました。

※渋川ガス業務部、

総出で作業を行い予定通り取付工事終了をする事ができました。(約3.5時間)

業務用「乾太くん」の特徴は、

①高耐久ファンベルトを採用しており、耐久性が家庭用乾太くんの約3倍。

②「セルフクリーンフィルター」を搭載しており、自動で糸くずや綿ほこりが、

まとまるので、面倒なフィルター掃除の回数を低減。

③オプションで「コインタイマー」機能を取付け可能。

※「コインタイマー内臓タイプ」の機種もあります。(9kgタイプ:6kgタイプ)

  

業務用ガス衣類乾燥機「乾太くん」は、パワフルな温風で乾燥時間を短縮し業務の効率化をサポートする事ができる「最高の相棒」に成り得ること必見です。

衣類やシーツ類をより清潔に保つ必要のあるプロフェッショナルな現場にガスのチカラで、ひとつ上の乾燥品質をご検討してみてはいかがでしょうか。




Comments


bottom of page