top of page
  • m-maki4

ヒートショックにご注意を!

こんにちは!

まきです。


寒くなりましたねー。

急に寒くなり、からだがついていきません‥‥


ガス会社的にお話しすると…

この時期になるとよく耳にするのが


ヒートショック」という言葉です。

※LIXILホームページより引用


よく耳にするようになったのでご存じの方も多いともうのですが、

「気温の変化によって血圧が上下して、心臓や血管の疾患が起こること」です。


そのことによって、心筋梗塞や脳梗塞など

重篤な病気を引き起こします。


実は、ヒートショックは、

交通事故よりも無くなる方が多いんです・・

そう聞くとビックリですが、

それだけ身近に起こりえるということなんですよね。


ご高齢の方や、高血圧・糖尿病・肥満体質の方も注意が必要です。


実は今朝もこの話題がニュースになっていて、

これはご紹介しなければ…と今日のブログはこの話題に。


血圧が乱高下するのは

暖房がついた暖かい室内から、寒い廊下やトイレ・脱衣室・浴室、湯船に入ったとき

に注意が必要です。

室内の温度差をなくすことが予防のポイントですが、

なかなか急に設備を変えるのは大変な場合もありますよね。

ガス器具で対策することも可能ですので後程ご紹介しますが、

まずは、今日からできる簡単な対策を。


■浴室に暖房設備がない場合は

 「浴槽にお湯を張るときシャワーから給湯する」

 「お湯がたまったら十分にかき混ぜて蒸気を立てて蓋を外しておく」

 「シャワーのお湯で壁を温める」

 「湯音の設定は『38℃から41℃』ぬるめに設定する」

 「長湯はしない」

 「トイレに簡易暖房をつける」

 「脱衣所に暖房をつける」


などですが、やはり、大切なのは

意識すること


寒い時は起こりやすいので「気を付ける」

ここが大きなポイントです。

もちろん意識していただけでは予防はできないので、

室温計を設置したり、お風呂の温度や入り方に気を配ったり

ご高齢の方が入浴する際は、温めておく工夫をすることが

大切です。


我が家もお風呂はとても寒いですが、

寒いとあまり思っていない様子もあるので、

そういうところにも落とし穴があるかもしれません。


気を付けるのはもちろんなのですが、

やはり予防するのに手っ取り早いのは、

浴室や脱衣所、トイレを暖かくする方法。


当社でご紹介できるのは

①浴室暖房乾燥機

当社の取付事例が数日前の、信澤のブログでご紹介されています!

よろしければ、こちらもあわせてごらんください!

お風呂を暖かく保ってくれます。

ヒートショック予防だけでなくお風呂の寒さが

解消され、快適になりますよ!

カビ防止にもなり、1年じゅう使える優れものです!


②ファンヒーターで脱衣室を温める

当社で人気なのが、脱衣室にファンヒーターを付ける!

これ、意外なようなのですが、とってもメリットが。


①ガスファンヒーターは、速暖、スイッチオンから、5秒で温風!

 面積の小さい脱衣室ではあっという間にあたたかくなります。

②温まったらすぐに消せる

③ガスファンヒーターは軽いので、シーズンオフには

 片付けられる!

④当社で都市ガスをご利用であれば、暖房で使った分の料金が

 割引になるプランがある。


こんなたくさんのメリットが。

脱衣室で使わない時間帯は手軽にお部屋に移動できるのも

いいですよね!


③窓を断熱する

これは、当社で扱っていることがまだまだあまり知られていないのですが、

内窓で断熱も効果的です。

ここのところ内窓のご依頼が増えています。

リフォームや、内窓への交換へのご依頼、多数いただいております!

ぜひ気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね!


なんだかずらずらーっと書いてしまいましたが、

快適に冬を過ごすためにも、

暖かーく、心も体も冷えずにポカポカしていたいですよね!


カンタンなヒートショック対策のチェックができる、

リンナイのコラムも是非合わせてごらんください


ガスはやっぱり温めるのは得意分野!


始まったばかりの、今年の冬も温かく乗り切りたいですね♪



bottom of page