top of page
  • m-maki4

自作ルアー


ブラックバス釣りに使うルアーを「空き缶」で作ってみました!というお話。


今年は~ブラックバスに~ちょっとあえてる~(´▽`*)

(昨年はあえませんでした~)

どうも!一匹連れたらプロ気分! 業務部 せきです。


さー、ついに来た!自作。

だってさ~最近のルアーって高いんです。


私が持っている一番大きなルアー ジャッカル社のダウズスイマー240

24センチあります(*‘ω‘ *)もはや魚🐟そのもの。飾りです。



さて今回は約5センチのメタルバイブレーションというのを作っていきます。

空き缶のプルリングで作ったりしていましたが、ちょっとハイクオリティーな自作に挑戦です。

メタルバイブレーションは

メタルバイブは別称「鉄板」とも呼ばれる、魚の形をした薄型プレートに、フックやブレードが搭載された鉛製のルアーです。


私の愛用のルアーの一つです(^O^)/


さて作りますか!


使用工具はこんな感じ!



皆さんが持ってないとすると穴あけ(ドリル)くらいですかね?

100均にありますよ。



パッケージの裏に型紙があります。これを切り離しまして・・・

お気に入りの空き缶に

型紙をつかってマジックで印をつけ

はさみで切りだします。


この画像がありませんでした・・・


赤い部分をうまく使ってかっこよくしたいな~


これを順番に重ねていきます。アロンアルファー塗りながら・・・手につかないように気を付けてください!はがすの意外と痛いですから・・・いて~


三枚 接着しながら重ねばり!

ドリルで穴をあける。

テンプレートに穴あけのだいたいの位置がありますが

最後に空けてもいいかな~と思いました


こんな感じ


アロンアルファーは油性マジックを溶かします!

汚れちゃうから必ず何かを敷いて行ってください。

かお!

というより、ウエイト(おもり)を付けます。

アロンアルファー塗りましょう!


ペンチでしっかり挟みます!

その時、何か挟んだ方がいいですよ!

ペンチの歯形がついちゃいます。


紙やすりがあると

周りを少し成型するときれいですよ!



こんな感じ!


ペンチでじかに挟んだから傷だらけ!

ま~こんなもんか!


二つ目は白い(ノンシュガー)モンスターのカンカン!使用。

目を付けたり、色を塗ってみたり!

いかがです?マイルアーをGETだぜ!!


〇ご注意!ください!

 なんでも言えることですが「道具は使いよう!」です。

便利なものほど使い方を間違うと、危険です。

しっかり説明を読み「正しく」お使いください。

アロンアルファーは手についたり、チョコッと、どこかに置いたりすると「あれ~くっつ

いちゃった~」とSHOCK! 新品の針は「かえし:バーブ」が付いています。

ささると非常に痛い目見ます。本当に気を付けてください。


危険をすべて避けるのではなく「理解」して「順応」できるようにしていけたら素敵ですね!

危険予測はこれからとても必要な「人間力」の一つと思います。

遊びからも学べる「訓練と経験」です。

(実は私刺したことあります・・・さらに針を自分で刺しだしてバーブをつぶし、戻すという悲劇を経験済み。痛い経験しています!皆さんはしませんように)


ダイワ社製のメタルバイブ(約800円)と自作品!



あらっ(*‘ω‘ *)

気が付きました?

最初に作ったほうは頭、金色に塗装してみました。


こんなのどこで見つけたか?

釣具屋さんには意外とないのです。

実はここにあります!


バス釣り用品、アパレルを展開する バスブリゲードさんの前橋市の事務所!

自動販売機のみ利用可能です。その中にありますよ!(https://bassbrigade.jp/

餃子のたれも販売中(なんでなのでしょう?今度聞いてみよう(*‘ω‘ *)自販機博士の清水君に!餃子のたれと餃子の自販機レビューが食うるかもしれませんね!もちろん食べるのは私!たのしみ~)

空き缶バイブ 750円なり~


それと!


前橋市青柳にあるブラックバスの管理釣り堀! ブリゲードポンドさん!

ここにも売っていますよ!



ここは夏より寒い時期の方が釣れるような気がする・・・・すみません(*‘ω‘ *)


と!ルアーフィッシングをはじめ、たまにチェアリングも楽しんでいます。

仮設、公衆トイレの経験、屋外で食事など「災害時訓練」と言いながら、仲間や家族と実践中です。


さ~て!釣り行くか! あら~んお仕事だ~(´▽`*)

いつかきっと空き缶バイブで釣れたよ~というブログをかけるように、仕事も釣も精進していきます!



ガス機器は「皆様に安全」を経験値から高水準でお届けできるようにしています。

長い歴史の中で文明の発展には「炎」がつきもの。

ガス機器は皆様の生活を豊かにするお手伝いをこれからもしていきます

どうぞよろしくお願いします。

楽しいこと沢山見つけよう!


引き続き渋川ガスライフブログもよろしくお願いします。



Comentarios


bottom of page