top of page
  • m-maki4

昭和チックな自販機食堂

こんにちは~本日は、伊勢崎にある懐かしいレトロな自販機を紹介したいと思います。



自販機食堂は、(2014年~)24時間やっている無人の食堂で、レトロ自販機とは昭和初期から平成初旬まで製造されていた自販機のこと。

以前、樋口さんが、藤岡のドライブイン≪ななこし≫で美味しそうなトーストサンドを紹介しておりましたが、伊勢崎食堂店内は、その半分くらいの広さでとてもきれいに整理整頓されております。

ノスタルジックな雰囲気で誰でもレトロな自販機とそのメニューを楽しむことができます。



私も昭和生まれでこのレトロ自販機のハンバーガーをよく食べていましたのでたまに食べたくなっちゃうんですね。

今は、一個300円もしますが…ポチッと押すと箱ごと温めてガコンと取出し口に落ちてくるこの感覚が、たまりません。

私が買ったハンバーガーが最後の一個だったらしくボタンが、売り切れ表示になりました。お肉がとてもジューシーでやっぱり美味しいと感じてしまうのは、この雰囲気のせいでしょうか。

本日のラストバーガー食べられてよかったです。



➀ハンバーガー食べて帰ろうと思ってましたが、おなかに拍車がかかり②天ぷらうどん(350円)&ラーメン(380円)も食べたくなり…悩んだ末にやっぱりラーメンにしました。



ラーメンの具は、左上写真のように下に沈んでいるようで、麺をひっくり返すとチャーシューとナルト、シナチクが、顔を出しました。思っていた以上にチャーシューが美味しかったです。

写真には、写っておりませんが、私の勝手なレトロ自販機3大名物の③トーストサンドを最後にお土産で買って帰ろうと思いましたが、残念ながら売り切れでした。



ここには、私の好きなガチャガチャもあったのですが、昭和の当時流行っていたモノが、

そのまま出てくるレトロガチャでした。

当時は、1回20円ガチャが主流でした。

特に左下のスーパーカー消しゴムは、1970年代後半当時、小学校で男の子の間で流行っていました。ノック式のボールペンで机上のスーパーカー消しゴム相撲(相手の消しゴムを机から落とすと勝ち)で遊んでいたことを少し懐かしみながらお店を後にしました。

今のデジタルゲームにない楽しさがありました。

そんなこんなで令和の今『スーパーカー消しゴム落とし大会』が、ビックサイトで開催されていたようです。

(2023年2月1日)ルールは、ほぼ昔と同じで大会を主催したGGF-T株式会社が2020年より『超精密スーパーカー消しゴム』の販売も行っておりガチャだと1回500円で13モデルラインナップしているようです。どこかにあったら廻してみたいですね。



bottom of page