top of page
  • t-nobusawa

凍結予防再び!

こんにちは、信澤です!

 

今年も残すところあと1週間

寒さも厳しくなってきました!


先日の朝、出勤しようと車に向かうと

フロントガラスがガチガチに!

乗り込んで外気温計に目をやると-3℃ (>_<)

一段と冷え込み始めましたね。


冷え込みが厳しくなってくる今の時期

気を付けていただきたいのがやっぱり凍結!


凍結してしまうと

水もお湯も使えなくなってしまい、ものすごく不便ですよね?

今年1月の大寒波の時には

お水が出ない!お湯が出ない!という経験を

された方も多かったのではないでしょうか?


そんな凍結が心配されるような寒い時!

ご自宅の給湯器のリモコンに

こんな表示が出ているのを見たことがありませんか?


この表示は給湯器が凍結予防運転していますよ!


というお知らせ!



お使いの給湯器のメーカーによってはコチラの

雪の結晶が表示されているかもしれません(^^)/

 

おいだき機能付きのふろがまの場合

浴槽内の循環金具より上に水を残しておくことで

浴槽内の水を自動でポンプ循環させ

追い焚き配管内の凍結予防をしてくれています!

 

なので、寒い時期は凍結を防ぐためにも

浴槽の残り湯を翌朝まで残しておくのがおススメです!

 

詳しくは以前のブログ


そしてふろ給湯器にはポンプ運転による凍結予防の他にも!



給湯器本体の内部の凍結破損を防ぐため

機器内部の配管に凍結予防ヒーターが搭載されてます。


外気温度が約3℃を下回ると

自動でヒーターが作動して機器内の配管を暖めてくれるので

給湯器本体が凍結しにくくなっているんです(^^)/



このヒーターや凍結予防ポンプ運転を自動で行うためにも

給湯器の電源プラグは抜かないようにしてくださいね!

 

この凍結予防ヒーターのお陰で、給湯器内部で凍結することはありませんが、

冷え込みが厳しい時に凍ってしまう可能性があるのが、

水道管や・給湯配管!


この配管の凍結を予防するには、


お湯の給湯栓(蛇口)から水を出し続ける方法が一番効果的です。

 

 

各メーカーからも凍結予防について

案内が出ているので詳しくは下記を確認してみてください!


 

 



年末に向けては例年より暖かいとは言われていますが、

急激に気温が下がったり、暖かかったり気温差が激しく

けっして過ごしやすい、という訳ではなさそうです・・・

今年も残りあとわずか

寒い朝にお湯が出ないと慌てずに済むように、凍結予防をしっかり

行って過ごしましょう!



 

Comments


bottom of page