top of page
  • m-maki4

猫あるある話

こんにちは~

帰宅するとまず猫トイレとキャットフードの(吐き戻し)片づけが、日課の清水です。


トイレは、食べたものが消化され出てくるものですからしょうがないとしてどうしてネコは、なぜ吐き戻しをするんでしょうか…

せめて畳の上と布団の上はやめてくれニャいかなぁ。

後は、キャットタワーの上からフライングゲーなんかもたまにしてくれます。



そんな吐き戻しを軽減してくれるキャットフードAll well(オールウェル)という商品が、販売されていましたので購入してみました。

すべて(All)の猫ちゃんに、輝くように生き生きと健康的に過ごして欲しい(Wellness)という願いが込められているようです。



売られていた近くに吐き戻しの図解のポップがありました。猫は、基本的に噛まずに早食いをしてしまう習性があるそうです。時間がたつと(特にドライフード)水を吸って膨張するためだそうです。All wellは、素早くふやける事で吐き戻しを軽減してくれるそうです。



飼い主さんとしてできる対策としては、食事回数を増やすこと(一日:4回)やキャットフードをあげるときの容器を少し背が高い器で食べさせると吐き戻しも軽減するそうです。

夏場は、水分摂取の事も考えてドライフードをウエットフードにすることもおススメです。



ウチでは、たまに猫草をあげております。

猫草は、あくまで嗜好品であり、絶対に与えなければならないものではないそうです。

我が家の5ニャンズは、大好きでおやつのチャオちゅーるよりもがっついて食べます。

メリットは、

毛玉の排出

❷便秘改善

❸ストレス発散

になるようです。

写真のようにシードタイプ(種)から作ると食べられるまで1週間~2週間くらいかかりますが、売られている猫草を買うよりもかなり猫エンゲル係数は下がりますよ。


あと、猫じゃらしは、イネ科の植物でネコも実は、人間も食べることができるそうです。

食用になるのは、ふさふさした穂の部分でこの部分を脱穀して食用にしていたそうです。

猫じゃらしのような雑草も食べるものが少なかった時代は、貴重な食糧だったそうです。

猫じゃらしの正式名称は、『エノコログサ』五穀(米・麦・きび・豆・あわ)の一つで粟(アワ)の原種だそうです。

アワは、コメと比べてタンパク質や脂質が、多くミネラルも豊富で日本では稲よりも早い段階で栽培が始められたようです。


毎日美味しいご飯を食べられる幸せをかみしめながらこれからもガス炊飯器でまたは、ガスコンロで手軽に使える炊飯鍋で『健康』をお伝えしてお届けできればと思います。



Comments


bottom of page