top of page
  • m-maki4

新江ノ島水族館&江の島 前編

こんにちは!古墳&エビの今井です。

今回は最近行った新江ノ島水族館及び江の島、前編についてお送りします。


私は水族館も好きで旅行で関東近辺の水族館を巡ったりしております。今回は新江ノ島水族館に行ってきました。初めて行く水族館でしたので行く前から楽しみでした。水族館の良い所は魚が泳いでいる姿を見ていると嫌なことも忘れて心が和み、癒され、いつまでも水槽を眺めていても飽きない所です。


新江ノ島水族館はイルカショーや大水槽、クラゲの展示などが有名な大型の水族館です。

水族館のコンセプトが「わくわくドキドキ冒険水族館」。館内には約500種、26,000匹の水棲生物が展示されていて、楽しみながら新しい発見に出会える場所となっております。


おススメポイント①イルカショー

私が行った日はあいにくの天気だったため中止でしたが、「きずな/kizuna」と名付けられ、イルカ・アシカと人間の心のつながりが感じられるショーだそうです。また、イルカショーの行われるスタジアムは、湘南海岸に浮かぶ富士山と江の島の美しい景観が、施設の一部に見えるよう設計されているそうです。潮の香りに包まれながら絶景とショーを見られるということで次は絶対見たいと思っております。


おススメポイント②相模湾に生息する生き物を見ることができる相模湾ゾーン

私が一番目を引いたのが相模湾大水槽。高さ9m、容量1,000tの巨大な水槽です。水槽にはアジやサバなど食用魚としてお馴染みの魚や、ドチザメやネコザメ、エイなど約100種類20,000匹の相模湾の生き物が展示されております。中でも人気を集めているのが、約8,000匹のマイワシの群れ。キラキラと銀色に輝く大群の群れが方向を変えながら泳いでいる姿は圧倒されます。


おススメポイント③クラゲの展示

新江ノ島水族館の60年以上のクラゲの飼育研究と展示手法が生かされたエリアで、常時10数種類のクラゲが展示されております。中央には「クラゲプラネット(海月の惑星)と呼ばれるスノードームのような水槽があり、水槽を包み込むように外側にも水が流れていて幻想的な雰囲気です。名前も初めて聞くものばかりで一部をご紹介しますと、キャノンボールジェリー、アトランティックシーネットル、コティローザ・ツベルクラータなどオシャレで目を引く名前もあり、楽しみながら癒される空間となっております。

















他にも様々なブースやショーなど、また、特別な日のためにプロポーズや記念日のお祝いとして貸し切りのプランやウェディングセレモニー、フォトウェディングなどもあるそうです。是非、新江ノ島水族館訪れてみてはいかがでしょうか?

ただし、天気が悪いとショーなど中止となってしまいますので水族館も晴れの日がおススメです。









・入場料金

 大人2,500円

 高校生1,700円

 中学生1,200円

 小学生1,200円

 幼児(3歳以上)800円

 年間パスポートは当日券2回分の料金で購入できますので非常におトクです。

・営業時間

 9:00~17:00

 ※季節やイベント開催により営業時間は変動します。ホームページにてご確認下さい。

・休館日

 年中無休









後半に続く・・・


Comments


bottom of page