top of page
  • t-nobusawa

寒暖差にご注意!

こんにちは、信澤です!


先日の3連休初日は異例の暑さ!

県内でも数か所、夏日を記録し前橋では27.3

100年前に記録した

11月の最高気温を更新したとか、

日中は半袖で過ごした方も多いのではないでしょうか?



そんな季節外れの暑さでも、


暦の上では季節もしっかり移り変って、明日は「立冬」

冬のはじまりですね。


寒さが厳しい本格的な冬はもう少し先ですが、

この時期は昼夜の寒暖差がとても激しく(先日の暑さは本当に異常でしたが・・・)


日中は上着を脱いで作業していても汗ばむくらい(;^_^A

かと思っていたら夕方から急に冷え込んできてと、

気温の変化に体が追いつきませんね( ゚Д゚)



気温が低くなりはじめ

乾燥がはじまる今の時期はウイルスの活動も活発になってきます。

暑い・寒いを繰り返して、

夕方になって体が冷えてくると

疲れとともに免疫力も低下し

風邪などもひきやすくなってしまいます。

咳や鼻水、体はつらい、だるい、熱が出たなど

病院へ行ったり、薬を飲んだりと、できれば風邪等はひきたくないものです(>_<)


昔から冷えは万病のもと言われているように

風邪予防に大切なのは体を「温める」こと!


温めることによって

体温が1℃上がると最大5倍~6倍も免疫力が上がり、

逆に1℃下がると免疫力が30%下がると言われています。


病気になったときに発熱するのは、

体が体温を上昇させて免疫細胞を活性化させて、

病気と戦っている証拠!


そのため、発熱したときには無理に解熱剤を飲まずに、

できるだけ自然に熱が下がるのを待ったほうが、かえって早く治ることもあります。

ものすごい高熱で体調がすごく悪い場合は別ですが・・・


そして免疫力をアップして病気に負けない体を作るには、

健康な体温を保つことが欠かせないと言われています。

健康な体温は個人差もありますが、36℃~37℃とされています。

しかし、最近は平熱が36℃を切っている

低体温の人が増加していると言われています。(自分もです( ゚Д゚))


その原因は筋肉量の低下

運動不足が原因だと考えられています(>_<)


運動不足→筋肉が減る→体温が下がる→免疫力が下がる

という事だそうです。


なので、日頃から平熱が低いなと感じている方は

ウォーキングや自宅で手軽にできるちょっとした運動で

筋肉量を増やし、体温を上げることを意識して見るといいかもしれません!


運動以外にも体を温める成分が多く含まれている食材を食べるのも効果的です。

ショウガやニンニク、とうがらし、ねぎ類などの野菜を積極的に

食べることで血流も良くなり免疫細胞が活発に活動してくれます。

一番体温の低い朝に白湯(パイタンじゃなくさゆですね(;^_^A)を

飲むのも体が温まるので免疫力アップにつながりますよ!


体調を崩さないためにも

運動して筋肉UP!

しっかり食べて血流UP!

温かいお風呂につかって身体を温めて!十分な睡眠をとって

風邪に負けない健康な身体を目指しましょう(^^)/



Commentaires


bottom of page