top of page
  • m-maki4

【釣り堀へGO】

こんにちは~清水です。


本日は、2月22日ニャン!ニャン!ニャン!猫の日です!

ぜひ、ネコ関連グッズやキャットフードが、

特価になっているかもしれませんよ~!


ナウゲットーチャンスです!

 

今回は、ネコが大好きなお魚を釣りに

行ったお話をさせていただきます。

現在は、前橋市の「旧宮城村」は、

桜の名所🌸千本桜🌸が、1番有名ですが、

釣り堀場が、昔から多くあります。


子供の頃、釣り堀と言えば餌釣りで、

おなかの減った虹鱒(ニジマス)は、

すぐ釣れるイメージをお持ちでないしょうか?

そして釣った魚をそのまま串に刺して

塩焼きにして食べるのが、定番でしたね。

 

今回は、宮城アングラーズビレッッジという

管理釣り堀場に行ってまいりました。

こちらは、ルアーやフライ(疑似えさ)で

釣りを楽しむ釣り堀場です。

 2月の気候が例年より温かいということもあり

期間限定でナイター営業(17:30~21:00チケットは、3,000円)を

開催するとの情報をSG釣り部、部長が

仕入れてきてくれましたので、一緒に行ってまいりました。


プラスアルファー何と!


お魚の背びれに青タグがついている場合は、

ロッド(釣り竿)やリールをプレゼント企画(⊕100円)にも

惹かれて気合十分でいざ!現地へGO!!

冬季は、レインボートラウト(ニジマス)が、メインの釣り堀場になっております。

最近では、レインボートラウト(ニジマス)以外にも

ギンザケ(コーホーサーモン)身は、赤身で美味しい。

サケのなかま。         

頂鱒(イタダキマス)2018年2月に商標登録されたブランドニジマス。        

ロックトラウト(イワナとニジマスの交配)釣ってよし!食べてよし!

釣れたお魚は、ナイターチケットだと5匹まで持ち帰りOKです。          

その場では、食べられません。

                          

それ以上釣りあげた場合は、お魚を傷つけないようにキャッチ&リリースします。


管理釣り堀場でもルアーフィッシングは、むずかしいです。


水温、気候、時間帯、状況が変わるとピタッと釣れなくなったり、

いろいろな道具を駆使してアレコレ考えなければ、 

釣果を得ることは、そう簡単ではありません。


釣り糸を垂らしているだけでは、まったく釣れません。

私の場合、まだまだ釣りの達人レベルが低いので多くは、釣れません。

今回の釣果は、3.5時間で3匹でした。

ちなみに前回は0匹(坊主)でしたので今回は、リベンジ成功です!


SG釣り部、部長は、今回も10匹以上の釣果で

最後まで楽しそうに釣り上げていました。

花より団子な私は、普通のバケツにお魚を入れて帰宅しました。           

そして妻にお魚の内臓をとってもらいました。

割りばし2本で上手に内臓がとれる方法もあるようですが…。


久しぶりに釣ったお魚を美味しく食べることが出来ました。

1匹は、赤身のギンシャケ🐟で、2匹は、ニジマス🐟🐟でした。

グリルに入れて使用できるココットプレートで、焼いて食べました。         

炭焼きにひけをとらない美味しさでした。                     

ただ塩を、つけすぎてしまい皮が、しょっぱくて食べられませんでした。

皆さんもお魚を焼くときは、ぜひグリルの網焼きで、もしくは、           

ココットプレートなどの グリル調理器でこんがり焼いて食べてくださいね。     

美味しいですよ~!(^^)!

信澤ブログもご参照ください:休日のお昼に!ぜひ!


ガスの炎は、調味料!!


今度は、イタダキマスとロックトラウトをゲットして食べるために          

自分の釣り人レベルをあげていきたいと思います。

少しお話は、戻りますが、お魚を持ち帰った際、うちの猫たちに見せたところ     

全く興味を示さニャイことにビックリ!?

生きた魚に怖がっているニャンもいました。 

うちのネコたちは、サザエさんの歌のような(^^♪

お魚くわえたドラ猫(^^♪には、       

なれないようです。(^^♪


それでは、また次回のブログでお会いしましょう!



Comments


bottom of page